チョコ風でかわいい!バレンタイン向けキュートレジンアクセサリー


バレンタインといえばチョコレートですよね。 バレンタインの日にチョコレート風のアクセサリーを付けていたら、季節感もあり気分が上がること間違いなし!

当記事では、レジンをチョコレート風に硬化してつくる、バレンタインアクセサリーの作り方を詳しく説明します!

ちょっとポップでかわいすぎる、もっとシンプルなチョコアクセがいいな……という方は、下記のリンクで紹介しているシンプルチョコレートピアスがおすすめです。

バレンタインレジンアクセサリー

バレンタイン向けレジンアクセサリーに必要な物

  • UVレジン液ハードタイプ
  • UVライト
  • お好きな形のシリコンモールド(型)
  • ピンク、ミルキーホワイト、チョコレート色(または茶色と黒)のレジン用着色料またはカラーレジン
  • つまようじまたはオレンジスティック
  • チョコレートの表面に乗せる封入パーツ
  • ヒートン1つ
  • 丸カン1つ(大きめ・7㎜くらいあるといい)
  • ストラップやネックレスチェーンひとつ
  • ピンバイス
  • ヤットコ2つ
  • クリアファイルの切れ端またはシリコンマット
  • 紙やすり

UVライト以外は、だいたい100円均一に販売されています。 以下で準備の際に注意点があるものについて詳しく説明します。

UVレジン液ハードタイプ

UVレジン液ハードタイプ

ダイソーやセリア、キャンドゥなどで販売されているハードタイプのレジン液でも十分です。

しかし、100均のレジン液は気泡が入りやすかったり、時間とともに黄変しやすかったりという感想が多いです。

きれいに作りたい方は手芸屋さんやネット通販で販売されている質の良いレジン液を用意しましょう。

以下でおすすめのレジン液について、いくつかご紹介しています。

UVライト

UVライト

太陽光でも固まるレジン液ですが、時間がかかってしまうためやはりUVライトがあった方がいいです。

特に今回は、レジン液をミルキーカラーで着色してから硬化するので、光が透過しづらく、太陽光だけで固めるのは非常に難しいです。

安い物だと1,000円台でUVライトは買えるので、これを機に用意しておきましょう。

以下の記事では、おすすめのUVライトを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

お好きな形のシリコンモールド(型)

お好みの形のレジン用の型(シリコンモールド)をひとつ用意しましょう。

私はバレンタインらしくハート形にしてみました! ハート形は100均にもよく置いてあります。

もちろんネットショップにもありますよ!

ピンク、ミルキーホワイト、チョコレート色(または茶色と黒)のレジン用着色料またはカラーレジン

ブラウンのカラーレジン

苺チョコとミルクチョコレートの色を出すための、ピンク、ミルキーホワイト、チョコレート色(または茶色と黒)の着色料またはカレーレジンを用意します。

まずミルキーホワイトについてですが、100均のカラーレジンのホワイトのほとんどが、クリアカラーの白なんですよね。

それを他の色に混ぜても透き通った色になってしまうので、今回はマットな白が必要です。

ミルキーホワイトのカラーレジンや、白の着色剤、アクリル絵の具の白などを用意しましょう。

なお、セリアやキャンドゥで販売されている白の着色剤なら、マットな白が作れるのでおすすめです。

また、チョコレート色のカラーレジンは、キャンドゥの大型店で売られていました。

チョコレート色のカラーレジン

画像だと分かりづらいですが、左側の半球がカラーレジンをそのまま固めたもの、右側が白の着色剤を少量混ぜたものです。

そのままだとクリアカラーのチョコレート色なので、本物のチョコレート感を出すにはマットな白を混ぜる必要があります。

しかし、キャンドゥの大型店って少ないんですよね……。

ダイソーなら茶色のカラーレジンが置いてあるので、黒と一緒に使えばチョコレートカラーが作れます。

ダイソーが付近にない方は、ネットなどで購入しましょう。

チョコレートの表面に乗せる封入パーツ

カラースプレー風パーツ

チョコレートをデコレーションするようなパーツを上に乗せるとかわいいです。

私はカラースプレーのような封入パーツを用意しました!

小さなパールを置いてアラザンやクリスパールに見立てるのもおすすめです。

 

 

 


バレンタイン向けレジンアクセサリーの作り方

①着色料またはカラーレジンを混ぜてチョコレート色のレジン液を作る

まずはチョコレート色のレジン液を作りましょう。

着色料が濃いめの茶色なら、ミルキーホワイトを混ぜるだけでミルキーなチョコレート色になりますが、ダイソーのカラーレジンのような明るい茶色だと、白を混ぜてもキャラメルのような色にしかなりません。

キャラメル色のレジン

そういう場合は黒を少しずつ混ぜて、徐々に暗めにしていき、チョコレートの色に近づけるようにしてください。

チョコレート色のレジン

なお、チョコレート色のカラーレジンをお持ちの方は、ミルキーホワイトを混ぜるだけでマットなチョコレート色が作れます。

②シリコンモールドの一部にチョコレート色のレジンを入れる

チョコレート色のレジンを型に乗せる

苺のチョコレートの上に茶色のチョコレートが少しかかっているデザインにするため、型の一部分だけにチョコレート色のレジンを乗せます。

ちなみに、いつもならまずはクリアカラーのレジン液を乗せ硬化し、表面をコーディングしてから色を乗せますが、今回は全体にチョコレート感を出すために最初から色付きのレジン液を乗せます。

③UVライトで硬化する

UVライトで硬化

UVライトの光を当てて硬化させます。

ミルキーカラーなので硬化しづらいです。いつもより長めの時間光を当てましょう。

④着色料またはカラーレジンを混ぜてミルキーピンクのレジン液を作る

ピンクのレジン液

ピンクとミルキーホワイトを混ぜると、ストロベリーチョコレートのようなかわいいミルキーピンクになります。

ピンクとホワイトの配合を調節すると、薄いピンクになったり濃いピンクになったりします。

色合いはお好みで。

⑤モールドの1/3の深さまでピンクのレジン液を乗せてからUVライトで硬化する

ピンクのレジン液を入れる

モールド全体にピンクの液を乗せます。

硬化した茶色い部分の上にも乗せましょう。

深さはモールドの1/3くらいにしておきましょう。

液を厚く入れすぎると、UVライトの光が通らず硬化不良を起こしてしまいます。

UVライトの照射時間も長めに。

⑥モールドがいっぱいになるまで⑤の作業を数度繰り返す

モールドがいっぱいになるまで液を入れて硬化

モールドがいっぱいになるまで、ピンクのレジン液を入れて硬化する作業を繰り返します。

だいたい三回くらいにわけて行えば、硬化不良も起きづらくきれいに固まるのではないかと思います。

⑦完全に硬化したらモールドからレジンを取り外す

取り外したら、表面をチェックしましょう。

色が濃いのでレジンがしっかり固まっていない場合があります。

その場合表面を表にしてUVライトの光を当てましょう。

表面を硬化

もし、表面がでこぼこしている場合は、UVレジン液を薄く塗って表面を整えてから硬化します。

⑧トッピング風パーツをつける

トッピング風パーツをつける

トッピング風のパーツを付けたい場所にUVレジン液を少量塗り、その上にパーツを配置します。

思い通りの位置に配置出来たら、UVライトの光を当てて硬化させます。

本物のチョコレートみたいになってきました。

⑨はさみや紙やすりなどで形を整える

バリを取る

レジン液がモールドからはみ出すなどして、バリが出来ている場合があります。

大きなバリははさみで切り取り、小さなものは紙やすりを使って成形しましょう。

⑩ピンバイスで穴を開けて、ヒートンを付ける

ピンバイスで穴を開ける

ピンバイスで硬化したレジンに穴を開けて、ヒートンを差し込みます。

ヒートンを差し込む

この時、ヒートンの先端にレジン液を付けてから差し込み、UVライトで硬化すると取れづらくなります。

⑪丸カンでレジンとチェーンをつなぐ

丸カンを開閉して、レジンとチェーンをつなぎます。

ストラップにしたいのならストラップチェーンを、ネックレスにしたいのならネックレスチェーンなど、それぞれ用意してください。

丸カンの開閉の仕方は以下を参照してください。 



⑫完成!

バレンタインレジンアクセサリー

まるで本物のチョコレートみたいなポップでかわいいバレンタイン風アクセサリーができました!

チョコレート風アクセサリーはレジンで簡単!友チョコと一緒にプレゼントもおすすめ

最近の小中高生女子の間では、男の子にチョコレートを渡すよりも友達と交換する方が盛り上がってますよね。

チョコレートと一緒にレジンで作ったアクセサリーも渡せば、お友達も喜んでくれるのではないでしょうか!

ぜひバレンタインに向けて作ってみてくださいね。