ミール皿(セッティング台)を使った100均材料のレジンアクセサリー!

2020年6月17日


UVレジン初心者向けアクセサリーの作り方シリーズです。今回はミール皿(セッティング台)を使い、ダイソーやセリア、キャンドゥなどの100円均一に売っている材料のみでかわいいアクセサリーを作ります。

ミール皿を使う場合は、UVレジン液を流し込み、好きなように封入パーツを配置して硬化させるだけなので、とても簡単です!

さらに今回は、レジンフィルムandペーパーというものを使うので、着色も必要ありません。

初めてUVレジンアクセサリーを作る方にもおすすめのやり方ですよ!

ミール皿でアクセサリー

用意するもの

UVライト以外は100円均一にあるもので揃います!

ミール皿の形によっては、丸カンなどの金具やヤットコなどの工具を追加で用意しましょう。

また、レジン用ペーパーを使わずに着色したレジン液を流し込みたい場合は、着色料やカラーレジンを用意してください。

UVレジン液ハードタイプ

UVレジン液ハードタイプ

ダイソーに5グラム入りのものが販売されていました。

問題なく使えますが、100円均一のUVレジン液は時間が経つと黄変してしまったり、気泡が入りやすかったりすることがあるようです。

私はあまり気になりませんでしたが、こだわりのある方は手芸屋さんやネットショップなどにある国産のUVレジン液を購入するのがおすすめです。

UVライト

UVライト

用意するものの中でUVライトだけは100円均一にありません。手芸屋さんやネットショップで1,000円前後で販売されています。

UVレジンでハンドメイドを楽しみたい場合は必須です。

ミール皿(セッティング台)

ミール皿

商品によってミール皿だったり、セッティング台だったり、名前が違うようです。ミール皿とは、底のある枠組みのことです。

今回は画像のようなカン付きのミール皿を使います。ヘアゴムタイプやヘアピンタイプなど、金具をつけなくてもアクセサリーになる優れたものも100円均一にありますよ!

レジンフィルムandペーパー

レジンフィルムandペーパー

背景にできるペーパーと、その上に配置できるフィルムがセットになっている優れものです! ダイソーで販売されています

画像だと、タイル調の紙が背景に使え、猫やウサギ、蝶などがアクセサリーの主役として使えます。 ほかにも何パターンか柄がありました。

接着剤やボンド

瞬間接着剤

ペーパーをミール皿に接着するのに使います。接着剤でもボンドでも大丈夫です。

封入用パール

ペーパーとフィルムだけでもかわいいですが、ラメやパールなどを一緒に使うとよりおしゃれに!

今回はダイソーのレジン封入用のパールを使います。

オレンジスティックやネイルブラシ、つまようじなど

オレンジスティック・ネイル用ブラシ

UVレジン液を流し込んで硬化させる前に、薄く伸ばしたり気泡を潰したりするのに使います。使い捨てのものが便利です。

ネックレスチェーンやキーチェーンなど

ネックレスチェーン

作品を何にするかによって、ネックレスチェーンやピアスパーツなどの、必要なパーツを要してください。

今回はセリアのネックレスチェーンを使います。

シリコーンマットやクリアファイルの切れ端など

シリコーンマット

ミール皿なのでなくても大丈夫ですが、UVレジン液がはみ出てしまうとテーブルが汚れてしまいます。作業中下に敷いておくのがおすすめです。

ピンセット・スパチュラ

ピンセット・スパチュラ

封入パーツやレジン用フィルムを配置するときに、あると便利です。


ミール皿(セッティング台)を使ったUVレジンアクセサリーの作り方

①ペーパーとフィルムをはさみで切る

カットしたペーパーとフィルム

背景に使うペーパーをミール皿の形に合うようにはさみで切り取ります。

丸く切るのは難しいですが、ミール皿の上に紙を指で押し付け、形をつけるときれいな形に切りやすいです。

ペーパーにあとをつける

使いたいフィルムもはさみで切り取ってください。

②ミール皿にペーパーを貼る

ペーパーをミール皿に貼る

接着剤やボンドを使って、ミール皿にペーパーを貼り付けてください。

③UVレジン液をミール皿に流し込む

ミール皿にレジン液を入れる

ペーパーを貼ったミール皿の上にUVレジン液を少量流し込み、つまようじなどで薄く均一に伸ばします。

このあとも何回かUVレジン液を流し込むので、液の量はミール皿の厚さの1/3程度にしましょう。

④UVライトで硬化させる

硬化

UVライトの光に当てて硬化させます。UVレジン液の種類やUVライトの性能にもよりますが、数分程度で硬化するでしょう。

⑤UVレジン液を入れてから、フィルムや封入パーツを配置する

パーツを配置

UVレジン液を少量入れて均一に伸ばしてから、先ほど切り取ったフィルムや封入パーツを好きな位置に配置します。

流し込む液にネイル用のラメを少し混ぜてキラキラさせてみました。

⑥UVライトで硬化させる

硬化

⑦UVレジン液を入れて硬化させる

表面に液を入れてから硬化

配置したフィルムや封入パーツの上からUVレジン液を入れて均一に伸ばし、硬化させてコーティングします。

⑧ネックレスチェーンやキーチェーンなどのパーツをつける

今回はミール皿ついているカンにそのままネックレスチェーンがつけられたので、直接通します。

ピアスにする場合や、ミール皿のカンの形によっては、丸カンをミール皿につけてお好きなパーツと結合させましょう。

⑨できあがり!

ミール皿でアクセサリー

ミール皿が金古美であるため、ノスタルジックな雰囲気に仕上がりました。ペーパーの色合いもかわいいですね。

ミール皿を使うUVレジンアクセサリーはとても簡単!

説明の通り、ミール皿を使うと流し込んで好きなように封入パーツを配置する、というやり方なので失敗が少ないです。

シリコンモールドは型の裏側が出来上がりなので完成図が予想しづらかったり、空枠だとマスキングテープで固定したりしなければならないのですが、ミール皿はそういう手間もありません。

初めてUVレジンアクセサリーを作るという方に大変おすすめです!