100均の材料で! 基本のガラスドームピアスの作り方


中に好きなものを入れ、蓋を閉めて金具を付けるだけでアクセサリーが作れちゃうガラスドームが、ハンドメイド初心者の方に人気です。

しかし、本当に初めて作る場合は、中にどんなものを入れればいいの?量はどれくらい?蓋は何で接着するの?など、いろいろわからないことも多いのではないでしょうか。

当記事では、初めてガラスドームでアクセサリーを作るという方向けに、ダイソーやセリア、キャンドゥなどの100円均一の材料だけで作れる、ガラスドームピアスの作成方法を詳しく説明いたします!

ガラスドームピアス

用意するもの

以下の物はすべて100円均一で揃います!

ガラスドーム・ヒートンキャップセット

ガラスドーム・ヒートンキャップセット

16㎜の丸形ガラスドームとキャップのセットです。ダイソーで16㎜のセットが販売されていました。ピアスにはちょうどいいサイズです。

丸カン4mm・2つ

丸カン4mm2つ

ガラスドームとピアス金具を連結させるために使います。

瞬間接着剤

瞬間接着剤

瞬間接着剤には、プラスチック用、布用、陶器用などさまざまな種類があります。

ガラスと金属の接着に対応している接着剤を選びましょう。

中に入れる物

シェルフレークとパール

ビーズやドライフラワーなど、ガラスドームの中に入るものならなんでもいいです。

今回はシェルフレークとUVレジン封入用の穴なしパールにします。

2つともダイソーで売っていたもので、シェルフレークはネイルコーナー、パールは手芸コーナーにありました。

ピアス金具2個

100円均一で10個入り1セットで販売されていました。

樹脂の金具も100円均一にあるので、金属アレルギーが気になる方にはおすすめです。

ヤットコ2つ

平ヤットコと丸ヤットコ

丸カンを開閉させるためのヤットコを2つ用意しましょう。アクセサリー作りには必須の工具です。

両面テープ

両面テープ

作業中、ガラスドームが転がらない様に固定するために使います。こちらははがしやすいタイプなので便利です。

その他、あると便利なもの

シリコーンマットとピンセットなど
  • レジン用シリコンマットやクリアファイルの切れ端
  • ネイルアート用ピンセット
  • ネイル用スパチュラ

マットやクリアファイルは、作業するときに敷いておくと両面テープをそのまま貼れますし、中に入れるものをこぼしたりしても回収しやすいです。
また、ガラスドームの蓋をするときにUVレジン液を使う場合は、そのままUVライトの中に入れられます。

ピンセットとスパチュラ(パーツをすくうスプーン)は、ガラスドームの中に入れるものが細かかったり、粉状だったりする際にあると入れやすいです。


100円均一の材料のみで! ピアスの作り方

①両面テープの上にガラスドームを置く

両面テープで固定

円形のガラスドームは何もしないと転がるで、中に入れたものがこぼれてしまったり、蓋を接着した時に転がって取れたりしてしまいます。

最初に両面テープで固定して、作業しやすいようにしましょう。

②ガラスドームの中に入れたい物を入れる

ガラスドームの穴からお好みの物を入れていきます。
目いっぱい入れるのではなく、七分目くらいまで入れる方がかわいいと思います。

③接着剤で蓋をする

蓋に接着剤を塗る

蓋の淵に接着剤を少量塗り伸ばして、ガラスドームにかぶせます。
ただし、接着剤だけでくっつけた場合、何かの拍子に蓋が取れてしまうことが多いです……。

接着剤の上からレジンでコーティングしておくのがおすすめです。

④丸カンでピアス金具とガラスドームを連結する

丸カンで金具を連結

丸カンの使い方は以下の記事を参照してください。

⑤完成!

ガラスドームピアス

これで完成です!

100円均一の材料だけで作ったとは思えないかわいさですよね。

一番最初は工具や接着剤などを揃えるのに少しお金がかかりますが、道具はずっと使えるので、パーツや中に入れるものだけの費用で考えたら数百円しかかかっていません。

ガラスドームで気軽にアクセサリー作りを楽しもう

ガラスドームは、中に入れるものやガラスドームの形、金具を変えるだけでさまざまなアクセサリーが作れます。今回のピアスもピアス金具ではなくチェーンを通せばネックレスに早変わり!

材料も100円均一に豊富にあるので、ぜひお手軽にガラスドームアクセサリーを楽しんでくださいね。