材料は全部100均! シリコンモールド(型)でUVレジンアクセサリー


数年前から流行っているUVレジン液を使った手作りアクセサリー。最近では、ダイソー、セリア、キャンドゥなどの100円均一のUVレジンコーナーが充実してきていて、気軽に材料を揃えてかわいいものが作れるようになってきています。

しかし、初めてUVレジンを使う方にとっては、何を揃えてどんな手順でアクセサリーを使えばいいのかわからないですよね。

当記事では、UVレジン初心者の方向けに、100円均一で揃う材料で作れるアクセサリーの作り方を、詳しく解説いたします!

今回はシリコンモールドを使ったアクセサリーですが、空枠(フレーム)やミール皿(セッティング)を使った作り方についても後日アップ予定です!

カラーペンで着色したもの

用意するもの

UVライト以外はすべて100円均一で揃えられます!

UVレジン液ハードタイプ

UVレジン液ハードタイプ

ハードタイプのUVレジン液です。ダイソーのものは5g入りでした。

問題なく使えますが、100円均一の液は硬化がしづらい、時間とともに黄変する……などという感想もあるようです。

気になる方は、少々値は張りますが、ネット通販や手芸屋などで購入できる国産のUVレジン液を購入した方がいいかもしれません。

UVライト

UVライト

UVライトだけは、100円均一にはないので他で購入しましょう。

ネット通販なら安いもので1,000円前後で購入可能です。

シリコンモールド

シリコンモールド

シリコンモールドとは、UVレジン液を流し込んでその形に固めるための型です。

100円均一ではさまざまな形のシリコンモールドが販売されています。こちらはセリアで購入しました。

クリスマスが近くなったらツリーや星型、ハロウィンシーズンならパンプキンやコウモリ型など、季節に合わせたかわいい形のものが店頭に並ぶことも。

ダイソーの着色用カラー水性ペン

カラー水性ペン

100円でなんと30色も入っている優れものです。

なお、今回はカラーペンを使った着色を行っていますが、ダイソーのパステルがある・手に入る方はパステルの方が発色がいいのでそちらの方がおすすめです。

装飾用ホログラム・シェルなど

ホログラムとシェル

お好みのものを用意しましょう。今回はセリアのネイルコーナーにあったリーフ型のホログラムと、ダイソーのシェルフレークを使います。

オレンジスティックやネイルブラシ、つまようじなど

オレンジスティック・ネイル用ブラシ

UVレジン液をモールドの中で広げたり、気泡を潰すために使います。使い捨てのものがおすすめです。

ヒートン

ヒートン

ヒートンとは、硬化したUVレジンに取り付ける金具です。UVレジンに穴をあけて差し込んで使います。

ピンバイス

ピンバイス

ピンバイスとはUVレジンに穴を開けるためのドリルのような工具です。

キーチェーンやアクセサリーチェーンなど

ストラップチェーン

キーホルダーとして使いたい方はキーチェーンを、ネックレスとして使いたい方はアクセサリーチェーンなど、作りたいものに合ったパーツを用意してください。

今回はストラップ型のチェーンを用意しました。

シリコーンマットやクリアファイルの切れ端など

シリコーンマット

作業中に敷いておくと、UVレジン液が零れた時などにテーブルが汚れないので便利です。

UVレジン液を着色する際には必須です。

紙やすり

紙やすり

硬化後のUVレジンの形を整えるために使います。

ピンセット・スパチュラ

ピンセット・スパチュラ

装飾パーツを配置する際に、あると便利です。

ネイルコーナーにある場合が多いです。


シリコンモールドを使ったUVレジンアクセサリーの作り方

①UVレジン液をシリコンモールドに流して均一に薄く伸ばす

UVレジン液を底に入れて伸ばす

表面に透明感を出すためにまずはレジン液を少量入れて全体につまようじなどで薄く伸ばします。

このあと硬化、液を流す、硬化……と何回か行うので、モールドの底面が埋まるくらいの薄さにしてください。

伸ばしたら、スティックやつまようじの先で気泡を潰しましょう。気泡を潰す作業はレジン液を入れるたびに行います。

私は多少の気泡があるほうが透明感があって好きなので、大きいもの以外はそのままにしておくことが多いです。

②UVライトを当てて硬化させる

UVライトで硬化

UVライトをシリコンモールドに当ててUVレジン液を硬化させます。ライトのW数やUVレジン液の種類にもよりますが、だいたい数分で硬化します。

③UVレジン液を少量入れ、装飾のためのスパンコールなどを配置する

装飾中

好きなようにデザインしましょう。

ここでの注意は、モールドの底が実際使う時の正面側になるということです。モールドの底からに見て希望のデザインになるように、パーツを配置していきましょう。

細かいものはピンセットで入れ、スティックやつまようじで位置を調整するとやりやすいです。

④UVライトを当てて硬化させる

封入パーツを入れて硬化

⑤UVレジン液を好きな色に着色する

ペンのインクとUVレジン液を混ぜる

シリコーンマットやクリアファイルの上をカラーペンで殴り書きした後、その上にUVレジン液を垂らして混ぜることでレジン液が着色されます。

着色の仕方の詳細は以下の記事を参考にしてください。



あらかじめ液が着色されているカラーレジンを使いたい、透明なまま完成させたいという方はこの工程は飛ばして大丈夫です。

⑥着色したUVレジン液をモールドに入れて、UVライトで硬化させる

着色した液をモールドに入れる

UVレジン液が透明感のない色になってしまうと、ライトの光が透過せずに硬化しづらい場合があります。

そんな場合は、なるべく薄く伸ばして光が液に当たりやすくなるようにしましょう。

⑦透明なUVレジン液をモールドに入れて、UVライトで硬化させる

コーティング

仕上げのコーティングのために、透明な液を入れて硬化させます。

シリコンモールドいっぱいになるように液を入れて、均一に伸ばしましょう。

⑧しっかり硬化させたら、裏返してもう一度硬化させる。

裏返して硬化

UVライトの光がシリコンモールドの底面まで届いていない場合があります。
シリコンモールドを裏返して念のため硬化させましょう。

⑨硬化後、熱が冷めてからモールドから取り出す

シリコンモールドから取り出す

UVライトを当てた直後は、シリコンモールドが温かくなっています。このまま外すとシリコンモールドの劣化につながるので、しっかり冷ましてから外しましょう。

⑩紙やすりで形を整える

紙やすりで形を整える

シリコンモールドからUVレジン液がはみ出ている箇所があるので、紙やすりで削って形を整えます。

⑪ピンバイスでヒートンを差し込む穴を開ける

ピンバイスで穴あけ

ピンバイスの先端を当てて回していけば穴が開いていくはずです。

⑫ヒートンの先端にUVレジン液を少量塗ってから、差し込んでUVライトを当てる

ヒートン取り付け

差し込むヒートンの先端にUVレジン液を塗って、差し込んでから硬化させることで取れづらくなります。

⑬金具を付けて完成!

カラーペンで着色したもの

これでできあがりです! かわいいストラップができました。

UVレジンによるアクセサリー作りは無限に楽しめる!

今回は猫の形の爽やかなストラップを作りましたが、お好きなシリコンモールドで、好きな色、好きな装飾を施せば世界に一つだけのかわいいアクセサリーが作れちゃいます!

まずは100円均一で好みの材料を揃えにいきましょう。

100円の材料に飽きたら、ネットショップや手芸屋さんに行ってみるのがおすすめです。豊富に材料が揃えられているので、凝ったデザインのアクセサリー作りにチャレンジしてみてくださいね。