液体入りガラスドームアクセサリーの作り方・ハ―バリウムオイルを使おう!


好きな物を入れるだけで簡単にかわいいアクセサリーが作れちゃうガラスドーム。

実は、液体を入れてスノードームやハ―バリウムのようなピアスやネックレスを作ることもできるんです!

ラメやドライフラワーを入れて閉じ込めれば、揺れるたびにキラキラと光ってとてもかわいいですよ。

当記事では、ハ―バリウムオイルを使った液体入りガラスドームアクセサリーの作り方を解説します!

液体入りガラスドームピアス

液体入りガラスドームアクセサリー作りに必要なもの

  • ハ―バリウムオイル
  • お好きなサイズのガラスドーム
  • お好きなデザインのガラスドームキャップ
  • ガラス対応の瞬間接着剤
  • UVレジン液ハードタイプ
  • UVライト
  • ラメやドライフラワー、パールなどのお好きな封入パーツ
  • 小さなスポイト
  • 両面テープ
  • クリアファイルの切れ端やシリコンマット
  • ネイル用ピンセットやスパチュラ(ラメなどを入れる用の小さなスプーン)
  • 丸カンやピアスパーツなどアクセサリーに必要な金具
  • ヤットコ・ニッパーなどの工具

作りたいアクセサリーに合わせて、封入パーツや金具、工具は揃えてください。 以下で特に注意が必要なものについて詳しく説明します。

ハ―バリウムオイル

ハ―バリウムオイル

ハ―バリウム用のオイルです。

ガラスドームアクセサリーに使う場合は少ない量で大丈夫なので、たくさん作らない人は小さめのパッケージの物で十分でしょう。


小さい物なら楽天市場などで1,000円以下で販売されています。(※なぜかamazonとyahoo!ショッピングには小さめの物はほとんど販売されていませんでした。

なお、ガラスドームに液体を入れる方法としては、精製水と水のりを混ぜるやり方もあります。

その場合、濃度を計算して混ぜなければならないのですが、ハ―バリウムオイルを使えばその必要はないので、やはりオイルを使った方が楽かなと思います。

お好きなサイズのガラスドーム

ガラスドーム・キャップセット

100均でも販売されています。ダイソーやセリアで16mmの物をよく見ますが、そのサイズでOKです。

液体をガラスドームに入れる場合、サイズ選びには注意が必要で、大きなガラスドームは結構重たくなります。

特に耳にぶら下げるタイプのフックピアスやイヤリングに大きなガラスドームを使ってしまうと、重くて付けられなくなる可能性も。

フックピアスやフックイヤリングを作りたい場合は20㎜以上のガラスドームは使わないようにしましょう。

ただし、キャッチピアスやネックレスなど体にかかる負担の少ないアクセサリーなら、大きめのガラスドームを使っても大丈夫です。

お好きなデザインのガラスドームキャップ

100均のガラスドームを買った場合は、キャップもセットでついてくるのでそれで大丈夫です。

ただ、100均の付属のキャップはすっごくシンプルなんですよね……。

デザインにこだわりたい方は、王冠型や猫耳型、リーフ型など、かわいいデザインのキャップをネットなどで購入するのがおすすめです。

ガラス対応の瞬間接着剤

瞬間接着剤

瞬間接着剤には実は用途別にいろいろな種類があります。

ガラスに対応していないとキャップがガラスドームにくっつかないので、必ずガラス対応の接着剤を用意しましょう。

ダイソーでも販売されていました。

UVレジン液ハードタイプ・UVライト

接着剤でキャップとガラスドームをくっつけただけでは、ほぼ100%ハ―バリウムオイルが隙間から漏れてきてしまいます。

それを防ぐためには、UVレジン液とUVライトを使って、キャップ周辺をコーティングする必要があります。

液体が入っていないガラスドームアクセサリーなら接着剤だけの接着でもなんとかなりますが、液体入りの場合はレジンでコーティングする作業は必須です。

ラメやドライフラワー、ホログラムなどのお好きな封入パーツ

ラメやドライフラワーなどのパーツ

ガラスドームの中に入れるパーツはお好きな物を揃えましょう。

ただし、水に弱いものはNGです。

お花はドライフラワー、プリザーブドフラワー、アーティフィシャルフラワーを選びましょう。生花は絶対にダメです。

また、皮や粘土なども液体に触れると質感が変わってしまうので避けましょう。

布製の造花やリボンなども、液体によって色素が染み出す恐れがあります。


液体入りガラスドームアクセサリーの作り方

①ガラスドームを両面テープで固定する

両面テープで固定

クリアファイルん切れ端かシリコンマットに両面テープを貼り、ガラスドームが動かない様に固定します。

②封入パーツを入れる

封入パーツを入れる

ガラスドームに封入パーツを入れていきます。

細かいパーツを入れていく作業になるので、ピンセットを使うとやりやすいです。

ラメなどの粉末を入れる場合は、ネイル用スパチュラなどの小さなスプーンを使いましょう。

③ハ―バリウムオイルを入れる

オイルを入れる

ガラスドームの中に、ハ―バリウムオイルを七分目~八分目まで入れます。

オイルの容器がガラスドームの口に入れられるサイズだったので写真ではそのまま入れています。

このような形の容器ではない場合は、細いスポイトを使ってオイルを注入しましょう。

スポイトは100均の美容コーナーに置いてあります。

☆POINT!
ガラスドームの口にオイルがついてしまうと、接着剤やレジン液がくっつきにくくなってしまいます。なるべくくっつかないようにし、もしくっついてしまった場合はエタノールやレジン用洗浄液を使ってふき取りましょう。

 

④瞬間接着剤でキャップを接着する

接着剤でキャップを接着

キャップの外径に接着剤をつけて、ガラスドームに蓋をします。

隙間が見えない様にしっかりとキャップを被せましょう。

⑤キャップ周りにレジン液を付けて硬化させる

液体が漏れないようにキャップの周りをUVレジン液を使ってしっかりコーティングします。

レジン液の塗布→UVライトで硬化の作業を2,3回繰り返すのがおすすめ。

ガラスドームのUVレジン液を使った硬化の仕方は、以下で詳しく説明しています。 



⑥アクセサリー金具を付けて完成!

液体入りガラスドームピアス

揺れるたびに中のパーツが動くキラキラピアスの完成です。

ハ―バリウムオイルさえあれば液体入りガラスドームアクセサリーは簡単に作れる!

用意するものは結構多いですが、液体入りガラスドームアクセサリー作りはハ―バリウムオイルとパーツを入れて、キャップを頑丈に閉めるだけの単純な作業です。

少しの封入パーツがあれば作れるので、アクセサリー作りで余ったパーツを使っても十分かわいい物ができるはずです!

ハ―バリウムオイルを用意して、オリジナルの液体入りガラスドームアクセサリーを作ってみましょう。